樹木葬の費用の相場はいくら?内訳とタイプ別費用の比較まとめ

”自然に還る”というコンセプトのもと、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬。散骨などと並ぶ自然葬の一種で、近年希望者が増えているお墓のスタイルです。

メリットとして上げられることのひとつに、一般墓に比べて費用を安く抑えられる点があります。その理由として、墓石を使わないこと、広いスペースを必要としないという樹木葬の特徴が大きく関わっています。最近では、既にあるお墓に納骨されている遺骨の一部を墓じまいして散骨、一部をお引越し、つまり改葬して樹木葬を購入するケースもあります。

また、生前にお墓を探す方にとって樹木葬は、自然に還るため後継ぎが不要なことや石材をあまり使わないためリーズナブルなことなどが魅力的に見えて注目が集まっています。

では、実際に樹木葬を行う場合、費用はいくらくらいになるのでしょうか?その詳細や、費用や樹木葬のタイプなどについて詳しくご紹介します。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

樹木葬とは

まず、樹木葬の特徴ともいうべき4つのポイントを確認してみましょう。

  • 自然に還ることができる
  • 後継ぎや承継者を必要としない
  • 墓石代がかからず、費用を安く抑えられる
  • 宗旨宗派を問わないことが多い

自然に還ることができる

樹木葬は墓石の代わりに樹木や花々などを故人の墓標とし、「自然に還る」という多くの人の願いを叶えられるような埋葬方法です。散骨などに比べると、墓標があることなどから参拝しやすいといわれています。

後継ぎや承継者を必要としない

樹木葬では墓石の管理を引き継ぐ必要がなく、多くの場合が永代供養されることになります。そのためお墓の後継ぎについて考える必要がありません。一定の年数を経てから遺骨の場所を移し、合祀となることが多いでしょう。核家族や独身の方も多い現代、承継者を必要としない樹木葬は現代のニーズに合ったスタイルといえるかもしれません。

墓石代がかからず、費用を安く抑えられる

樹木や花々を植えることで墓石の代わりにする樹木葬は、墓石の石材にかかる費用を安く抑えられます。また、故人の遺骨を他人とまとめて埋葬することもあるスタイルを選べば、よりその費用は安くおさえられます。埋葬のスタイルについては記事後半でご紹介します。

宗旨宗派を問わないことが多い

”自然に還る”というコンセプトがある樹木葬では、故人の宗旨宗派を問わないことが一般的です。ただし施設によっては法要などをお寺の宗派に沿って行うといった条件がある場合も。事前に必ず確認をしましょう。

樹木葬のメリットとデメリットについて知りたい方はこちらもオススメです
樹木葬のメリット・デメリット、費用、種類など特徴をわかりやすく解説!
お墓の種類のひとつ・樹木葬。最近では一般的なお墓以外の形態として注目を集めるようになっているお墓です。「普通のお墓より安そう」「具体的にどんなお墓なの?」など、みなさんの疑問にお答えする解説記事です。
いいお墓では宗旨や宗派などの検索条件を絞り込んでお墓探しをすることができます
全国の霊園・墓地 - 10645件|無料で資料請求【いいお墓】
全国の霊園・墓地を探すなら、日本最大級のお墓探しサイト【いいお墓】にお任せください。豊富な霊園情報の中から、予算や種類、アクセスなどご希望に沿ったお墓の情報をお探しいただけます。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!

樹木葬の費用の相場は?

樹木葬の費用相場は、立地や埋葬方法によって幅が出ます。ただし、一般墓と比べると石材に費用がかからないため、その平均費用は安くおさえられることが多いでしょう。

東京都23区北海道札幌市大阪府大阪市
樹木葬77.5万円40.0万円52.1万円
一般墓172.7万円61.2万円166.2万円

また、2019年1月から12月までの1年間に「いいお墓」サイトを利用し、お墓を実際に建てられた方を対象として行った「お墓の消費者全国実態調査」によると、樹木葬の平均購入価格は68.7万円で昨年の数値を下回っています。

対して一般墓は176.1万円と昨年の数値よりも値上がりしており、人気が高まる樹木葬において、寺院や霊園による価格競争が生まれていることがうかがえます。

3つのタイプ別埋葬方法比較

樹木葬の埋葬方法について代表的な3つのタイプについてご紹介します。

樹木葬の埋葬方法には様々なタイプがありますが、粉骨した故人の遺骨を布に包んでプレート型の墓石の下に埋葬する方法、長い筒のようなものに入れて埋葬する方法などもあります。その場合、契約年数を経た後に合祀にすることが多いです。

また、遺骨は”自然に還る”というコンセプトのもと粉骨し、骨壺を使わずそのまま散骨することもあります。
散骨を行う場合は粉骨に関わる費用は必要ですが、その他の費用が掛かることはありません。

土に還す方法を選ぶと、お墓の引越しを考えている場合でも遺骨を取り出せなくなってしまうため、遺骨をどのように埋葬するかは事前に必ず確認しておきましょう。

1、合祀型の樹木葬

シンボルとなる木の下に、他の方と共に遺骨を埋葬する方法です。3つのタイプの中でも比較的費用を安くおさえられますが、お墓参りでは故人1人に対する参拝が難しくなります。

また、他の方と遺骨を一緒にするため、後々になって遺骨を取り出せないというデメリットもあります。

2、集合型の樹木葬

合祀型と似た埋葬方法ですが、シンボルとなる木の下が区画で分けられており、他の方と遺骨が混ざらないと言う点に違いがあります。

個人の区画が設けられるため、合祀型よりも費用は高くなりますが、一般墓と比べれば安くおさえられます。

3、個別型の樹木葬

個人のスペースごとに一本の木を植え、その下に遺骨を埋葬する方法です。従来のお墓のスタイルに近く、参拝も行いやすいでしょう。

個人の区画が明確であるため、樹木を選んだり墓域のデザインにもこだわったりすることができますが、その分費用は高くなります。

墓地霊園のタイプや区画でも費用が変わる?

樹木葬には大きく分けて、3つのタイプがあります。ただし、霊園タイプは場所や区画によってさまざまな特徴があり、その形態は簡単に分けられない場合もあります。
樹木葬を選ぶ際には、一度は見学に行くことをおすすめします。

樹木葬では、お墓の場所や埋葬されたご遺骨の場所を示す「墓標」について霊園によっても取り扱いが変わってくることもあります。
「墓標」が明確にわかる場合もあれば、自然に還る散骨のように明確にはわからなくなるケースもあるので、新規購入の方も改葬の方もしっかり確認が必要です。

1、庭園タイプ

庭園やガーデニング風の雰囲気を大切にしたタイプです。寺院の境内にある墓地などにもみられ、限られたスペースを活用した都市型の樹木葬といわれています。樹木や花木をシンボルとすることも多いです。庭園タイプの樹木葬はガーデニング霊園・ガーデン墓地とも呼ばれます。樹木や四季の草花に囲まれ、きちんと手入れされた庭園のような雰囲気が特徴です。都心にあり比較的こじんまりとしていることが多く、お参りするのに便のよいことがメリットですが、郊外の墓地に比べ価格が高めになるデメリットもあります。また都市部の一画にあるため、景観がすこぶるよいというケースは少ないです。

2、公園タイプ

 

公園のような、整った自然を楽しめるタイプです。園内の一角を樹木葬のスペースとして環境整備していることが多いでしょう。墓域に樹木を1〜数本植えるスタイルが多いですが、ひと区画ごとに植える場合もあります。公園タイプの樹木葬は、郊外にあるため広く、庭園タイプ(ガーデニング型)よりも比較的値段が安めというメリットがあります。景観がよく明るい雰囲気で、散策していても気持ちが良いことも挙げられます。次に紹介する里山タイプとは違いきちんと整備されており、休憩所や洗面所が備えられていることも安心感がありメリットの一つでしょう。それなりの土地の広さが必要となる場合が多いため、アクセスは注意が必要です。

3、里山タイプ

自然あふれる山林の中で、ありのままの自然に還そうというタイプです。もっとも自然葬らしいスタイルで、墓域ごとに1本ずつ樹木を植えることが多いです。広大な樹林の一角に埋葬し、郊外の霊園に多く見られます。里山タイプの樹木葬は、自然の景観を活かすことがコンセプトのため、整地は最小限です。里山という言葉の通り生命力あふれる樹林の中に植樹し、根元に遺骨を埋葬、そして土へと還します。一見して霊園と分からないことも多いです。里山なので広い土地が必要で、郊外から離れた遠方に霊園があることが多く、少々不便なのが難点ですが、樹林をそのまま活かしてますので、景観がよく自然に優しいことが特徴です。

全国の樹木葬はこちらから検索できます
全国の樹木葬 - 749件|無料で資料請求【いいお墓】
全国の樹木葬を探すなら、日本最大級のお墓探しサイト【いいお墓】にお任せください。豊富な霊園情報の中から、予算や種類、アクセスなどご希望に沿ったお墓の情報をお探しいただけます。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!

樹木葬の費用の内訳

基本的に樹木葬の費用に含まれるのは、お寺の土地を使用する永代使用料、埋葬料、年間毎にかかる場合がある管理費のみです。ただし、年間管理費については昨今、かからない霊園も多くなってきました。

1、永代使用料

寺院や霊園の土地を使わせてもらうための使用料です。遺骨は契約した墓地に埋葬されますが、永久的にその土地を使えるというわけではありません。

多くの場合は一定の期間を経過したあとは、遺骨を元のスペースから取り出して他の遺骨と合わせて土に還し、合祀にします。その経過期間については寺院・霊園ごとに違うため確認しましょう。

2、埋葬料

遺骨を埋葬するための手数料です。ご家族の埋葬の場合は、家族まとめてではなく、1人ずつ料金が発生します。そのため、埋葬人数が多いほど費用は高くなります。

注意点としては、埋葬料が永代使用料に含まれる場合もありますし、埋葬料がない代わりに永代使用料を高めに設定している霊園もあります。埋葬料がかからないからといってお得とは言い切れないため、注意が必要です。

3、年間管理料

お墓の管理をしてもらう料金です。運営費、管理費と呼ばれることもあります。

樹木葬は合祀の場合などは、年間管理料がかからないところも増えてきています。ただし、個別型や集合型は年間管理料がかかることもあります。

樹木葬の費用内訳について知りたい方はこちらもオススメです
【よくわかる】樹木葬の費用 - その内訳、埋葬方法別の相場を徹底解説!
樹木葬にかかる費用についての解説記事です。費用や内訳、埋葬方法別の費用相場、オプションサービスにかかる費用など、樹木葬を購入する際に必要になる費用について詳しく解説しています。なぜ一般的なお墓よりも安いのか?そんな疑問にもお答えします!

どんな霊園を選ぶと安くなる?

霊園のタイプ、遺骨の埋葬方法以外にも、霊園の管理母体によって費用は変わります。

管理母体には、主に公営霊園、民営霊園、寺院墓地の3つがあります。

1、公営霊園

市区町村など、自治体が管理・運営する霊園です。公営霊園の樹木葬は多くはありませんが、公園型が主流になっています。

費用相場は比較的安くなっていますが、抽選の倍率が高いというデメリットや、生前の予約ができない、利用条件があるなど、利用するためには狭き門をくぐる必要があります。

公営霊園とは - 特徴と費用相場、民営霊園との違い
墓地や霊園は、だれがそこを管理、運営しているかによって「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」の3つの種類に分類できます。中でも公営霊園は、都道府県や市区町村など、地方公共団体が運営しているため、安心感がある、価格が安いといった意見も聞かれます。今回は、そんな公営霊園について、特徴や費用相場などを解説いたします。

2、民営霊園

財団法人といった公益法人や宗教法人が運営を行う霊園です。民営運営の樹木葬は数多く、条件などもほとんどないため多くの方が利用しやすくなっています。

ただし、霊園の立地や埋葬の形態もさまざまな民営霊園は費用相場も幅広くなるため、事前にしっかり調べて選ぶことが大切です。それでも、一般墓と比べると安くおさえられることが多いでしょう。

民営霊園とは - 費用相場とメリット・デメリット
民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。

3、寺院墓地

寺院によって管理・運営される墓地です。近年の樹木葬需要の高まりに伴って、一般墓だけでなく樹木葬も行える寺院が多くなってきました。

歴史ある寺院が供養を行ってくれるなど安心して任せられる一方で、その寺院の檀家になるといった条件がついていることもあります。入壇料・お布施代が別途必要となる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

寺院墓地とは - 費用とメリット・デメリット
「寺院墓地(じいんぼち)」とは、各宗派のお寺によって管理・運営されている墓地のことです。お寺との繋がりが強いことから、檀家になれば手厚い供養や節目ごとの法要を安心して任せられるのがその他の霊園との違いですが、気になるのは管理費や、そういった費用に関するトラブルです。 お墓を経営主体ごとに分けると、都道府県や自治体による「公営墓地」と、宗教法人あるいは公益法人による「民営霊園」、宗教法人である寺がその敷地内で運営する「寺院墓地」があります。ここでは、そのうち寺院墓地で永代供養をするための費用や管理費の相場、利用するメリット・デメリットについて解説しています。
檀家について知りたい方はこちらもオススメ記事です
檀家になるとは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。【Q&A】

追加料金でできること

本来のお墓とは違うスタイルになるからこそ、墓域を素敵に飾りたいという方もいらっしゃるでしょう。
基本の費用は安くおさえられる樹木葬ですが、追加料金を払って受けられるサービスもあります。

銘板彫刻料

遺骨を埋葬した墓域に、ネームプレートともいえるような、銘板を設置できるサービスです。

石や金属に、名前や言葉を入れることができます。変わりゆく自然を楽しみながら、そこで変わらぬ姿を見せてくれる銘板。どこに遺骨があるかも分かりやすくなります。

法要料

命日などに法要を行ってもらうサービスです。

霊園として合同で行われる法要以外に、個別に僧侶を呼んで読経してもらうことも可能です。合同の読経はあらかじめ費用に含まれることが多いですが、個別の場合は僧侶に渡すお布施などが必要です。

ペットと入れる樹木葬もあります

家族の少人数化が進む昨今、ペットを大切な家族の一員と考える方も少なくありません。また、故人がペットと同じお墓に入りたい希望を持っているケースも増えてきています。

小さなペットであれば、自宅のお庭に埋葬して供養するということもできます。ただ、犬や猫など比較的大型のペットとなるとペット霊園など専用の区画や納骨堂が必要です。
そうしたニーズに応えるように、人間と一緒にペットを入れる一般墓や永代供養墓、緑に包まれた樹木葬なども少しずつ見られるようになりました。

全国のペットと一緒に入れる樹木葬はこちらから検索できます
全国の樹木葬 - ペットと一緒 - 188件|無料で資料請求【いいお墓】
全国の樹木葬 - ペットと一緒を探すなら、日本最大級のお墓探しサイト【いいお墓】にお任せください。豊富な霊園情報の中から、予算や種類、アクセスなどご希望に沿ったお墓の情報をお探しいただけます。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!

よく調べて、樹木葬を具体的にイメージしましょう

年々、人気が高まっている樹木葬。本人だけでなく、残される家族にとってもお墓は大事な場所です。比較的新しいスタイルの樹木葬は、ご家族など周囲の方にしっかり理解してもらう必要があります。

ご利用の人数、立地などでも樹木葬のスタイルは大きく変わります。そのため、まずどのような樹木葬を選びたいのかを決めましょう。そして、ぜひ実際に現地に行ってその雰囲気や詳細を確認することをおすすめします。ご家族にも納得してもらった上で、安心のお墓選びをしたいものですね。

全国の樹木葬はこちらから検索できます
全国の樹木葬 - 749件|無料で資料請求【いいお墓】
全国の樹木葬を探すなら、日本最大級のお墓探しサイト【いいお墓】にお任せください。豊富な霊園情報の中から、予算や種類、アクセスなどご希望に沿ったお墓の情報をお探しいただけます。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!
改葬や墓じまいをお考えの方はこちらもオススメです
改葬とは - お墓の引越し手順、費用と急増している理由を徹底解説
「改葬」とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、いわばお墓の引越しのことをいいます。近い言葉に「墓じまい」がありますが、お墓を撤去して更地に戻すことを墓じまい、現在とは異なるお墓に遺骨を移動させることを改葬と呼びます。 改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式(魂抜き)、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。 そこで今回は、改葬の詳しい流れやマナー、改葬が近年急増している理由、改葬にかかる費用などについてご紹介します。
改葬許可証とは?改葬手続きとお墓移転の流れ
改葬許可証とは、改葬・お墓のお引越しの手続きの際に必要な許可証です。 ご遺骨を現在埋葬しているお墓から、新しいお墓に移転することは許可なしにはできません。移転元の自治体に「改葬許可申請書」を提出して「改葬許可証」を発行してもらう必要が...
墓じまいの費用・料金、手続きや作業の流れ/費用を抑える方法とは?
墓じまいとは、遺骨を既存のお墓から新しい場所に移し、お墓を片付けて更地にし、墓地の管理者に返還する一連の行動のことです。お墓を管理する子孫がいないため、遺骨を永代供養墓などに移す人が増えている中、墓じまいをするケースも増えています。 ここでは、墓じまいをするにはどうすればよいのか、お墓の撤去や役所での書類取得などの流れ、閉眼供養のお布施、今までのお墓からの離檀料、新しい墓地の準備など、墓じまいにかかる一連の作業内容やそれにかかる費用などを中心にご説明します。 また、墓じまいの費用負担を抑える方法や、墓じまい費用が払えない場合の対処方法についてもご紹介しています。
>墓じまい資料一括請求|墓じまいの検討は【いいお墓】
墓じまいを検討なら「いいお墓」。複数の墓じまい業者の資料を一括でご請求いただけます。全国対応!かんたん入力でラクラク請求。ご不安やお悩みもコールセンターで万全のサポート。

最近は後継ぎのことを考えて、自分の代で改葬や墓じまいをお考えの方が増えてきました。

既にあるお墓を改葬したい、墓じまいしたいとお考えの方はぜひいいお墓にご相談ください。手続きや事業者選定まで幅広くお手伝いさせていただきます。

5/5 (1)