墓を移す時に必要な手続きや費用は?改葬の手順、時期などを詳しく紹介!

近年、遠方にある代々のお墓を今の住まい・自宅の近くに移したい、お墓の世話を引き継いだなどの理由など、さまざまな事情で、お墓の引越しを検討する方が増えてきています。

お墓の引越しは家の引越しとは違う手続きが必要ですし、お骨の扱いはどうなるのか、費用がどのくらいかかるのか、相場もよく分からない方も多いかと思います。

お墓を撤去し、引越しをする際には、お墓のあるお寺や自治体などの管理者に、各種書類を発行してもらうための費用もかかってきます。こうした諸費用も含めた相場を前もって知っておくと、遺骨を移す手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

墓の引っ越し=改葬(かいそう)とは?

お墓の引っ越しとは、正式な名前を「改葬(かいそう)」といい、すでにお墓や納骨堂に納められている先祖の遺骨を墓じまいし、更地にして、ほかのお墓などに移すことです。

改葬が増えている理由

・檀家である故郷のお墓までの距離が遠くアクセスが悪い。

・お盆や彼岸などのお参りが困難となった。

・高齢化によってお参りがしづらくなった。

・お墓の管理をする後継者(子ども)がいないため維持できなくなった。

・高齢でも管理がしやすいよう住まい・自宅の近くに改葬をする。

・無縁仏となってしまった

社会状況の変化によるさまざまな理由により、改葬需要は増えてきています。

改葬のパターン

改葬には、さまざまなパターンがあります。

遺骨・骨壺の移動

埋葬されている、故人の遺骨が納まる骨壺を取り出し、元の墓所は墓じまいとして解体後、更地にし、新しい墓所を改葬先に移すパターン。元の墓所にある墓石は撤去します。

遺骨・骨壺と墓石を移動

埋葬されている故人の遺骨、墓石を撤去する。そして、墓所を解体する。遺骨や墓石をまとめて移設させ、元の墓所は更地に戻します。

分骨

遺骨の一部を取り出し新しい墓所に移動して、新しい墓所に埋葬する。元の墓石はそのまま残ります。墓守をしている親戚などの了承も必要です。

墓じまい

撤去し、無縁仏になった墓を寺院などの永代供養墓の合祀墓に改葬するケースもあります。墓じまいにともなう改葬です。

改葬の手順

移転先の墓地確保

事前に、新たにお墓を建てる必要があります。民営霊園、市営霊園や都立霊園などの公営霊園、寺院墓地などから選ぶことになります。公営霊園は抽選時期が決まっている場合が多く、倍率も高いため注意が必要です。受入先の墓所は、じっくり検討をしましょう。寺院墓地の場合は宗派を確認しましょう。

現在の墓の現状回復

現在の墓所は、墓じまいとして墓石や石材を撤去し、墓所を更地にして使用権を返還する(現状復帰)のがマナーです。土地は更地にして返還しなければなりません。節度をもった態度が必要です。

現在の寺院へのお布施・離檀料

お付き合いのある檀家の寺院を離れるには、寺院のご僧侶へは、志をお布施というかたちでお渡しします。檀家としても心得です。

もめてしまうケースの場合は、離檀料が請求されてしまうことなどもあります。あらかじめ改葬を承諾してもらうことが大変重要です。

移転先が寺院墓地の場合、檀家入檀のお布施など

檀家になる場合はお布施が必要になってきます。これからお世話になったことに対する気持ちを、お布施として表します。

石碑などの石材も移動したい場合の運送費と設置料

石碑などの石材が持ち込めるかどうかは、移転元、移転先の受入が可能かどうかの確認が必要であり、難しい場合もあります。また、石材を運ぶためには重機なども必要となり、費用が、かさむことになります。石材を移す手配をする際は、運び方や移送費を確認しましょう。

墓石の石材を移動しない場合は墓石の処分費

石材店など専門の業者にお任せして見積りをとりましょう。石材の大きさにより費用がかわります。

開眼供養

遺骨を移転先の墓所に埋葬する場合お寺の僧侶に開眼供養の読経を執り行ってもらい、墓石に魂入れをしてもらいます。

土葬からの改葬

土葬から改葬する場合は、遺骨を取り出す前に閉眼法要の供養の読経の儀式を行います。取り出した遺骨はさらに洗骨の作業をしてから火葬し、骨壷に収めます。改葬許可証を申請するのと同時に火葬許可証も申請するとスムーズです。

土葬の場合は改葬が一般的な方法と異なるため、専門の業者を探すことが必要です。

お墓の引っ越しにともなう手続きと費用とは?

お墓やお骨を勝手に移すことは法律で禁止されています。所定の手続きと法律にのっとって行う必要があります。

自治体の役所で手続きをする際、改葬許可申請に必要な書類についてご説明します。捺印や署名などが必要になってきます。

埋葬証明書

「埋葬証明書」は、現在遺骨が納骨されている墓地の管理者に証明してもらう書類で、間違いなく現在の墓地に遺骨が納骨されているという証明書になります。墓地管理者が発行しており、改葬許可証と兼用になっている場合もあります。

受入証明書

「受入証明書」は、移転先のお墓の場所である管理者、寺院の住職などから発行してもらいます。基本的に「受入証明書」の発行には手数料はかかりません。

改葬許可申請書

「埋葬証明書」「受入証明書」と共に「改葬許可申請書」を移転元のお墓の市区町村役場に提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

自治体によって異なりますが、「改葬許可申請書」提出の手数料は1,000円ぐらい掛かる場合もありますが無料のケースもあります。

改葬許可申請書の内容

「改葬許可申請書」の内容は各自治体で異なる場合が多いです。「改葬許可申請書」を取り寄せて様式を確認するほか、最近では自治体のホームページからデータを取得できるケースもありますので、該当する市区町村のサイトを確認してみましょう。

移転元

移転元のお墓の管理者である寺院のご僧侶に、役所から発行してもらった「改葬許可証」を提示します。これで、ご遺骨を取り出し移動させることができるようになります。お墓からご遺骨を取り出す際には、お墓から仏様の魂を抜く「閉眼法要(魂抜き)」の読経供養を住職に執り行ってもらいます。

移転先

移転元のお墓の管理者に発行してもらった「改葬許可証」を提示することで、ご遺骨を移転先のお墓に埋葬することができます。お墓にご遺骨を納骨する際には、お墓に仏様の魂を入れ込む「開眼法要(魂入れ)」の読経供養をご僧侶に執り行ってもらいます。

改葬許可書の有効期限

「改葬許可証」の有効期限についてですが、「改葬許可証」自体に有効期限はありません。書類が手元にある場合は、いつでも申請手続きができます。ただし、「改葬許可証」に記載された移せるお墓の使用規則に使用契約などの期限が設けられている場合がありますので、移転先の情報を確認する必要があるでしょう。

改葬の費用

改葬にかかる費用は、墓地の大きさや地域により異なります。
都市部への移転の費用の目安は、平均すると約200万円から300万円程度といわれています。

墓石処分・区画整理費用

石材の処分金額は、10万円から20万円/㎡

遺骨の取り出し費用

遺骨を取り出すための作業金額は、4万円前後/人

墓石運搬費用

石材を運搬するための金額は、20万円から80万円 ※移動距離や墓石の石材により異なります。

移転先に払う費用

終の棲家である、一般的な墓石価格の相場をご紹介します。事前に必ず見学をするようにしましょう。

お墓の値段内訳とは?

お墓の購入費用とは、墓石の値段+永代使用料(土地代)のことをいいます。お墓のタイプ、墓石のデザインや地価の影響を受けて価格は変動します。

墓石値段

お墓の建物の部分を墓石といい、墓石本体と、外柵・納骨棺(カロート)、そして施工費を合わせたものが、墓石の値段です。

永代使用料

永代使用料とは、お墓の土地代のことをいいます。税はかかりません。土地を購入するのではなく、永代に渡り使用する権利を購入するということです。次代に相続していけるものです。

墓石値段の相場金額とは?

2019年度のいいお墓サイトの調査では、一般的なお墓を購入する際の全国での相場金額は総額約176,2万円、東京都では総額約210,4万円となっています。墓石に関しては使用する石材の種、大きさなどによって墓石費用は異なってきますが、墓石の値段は約70~80万円から200万円くらいだといわれています。

新しい埋葬方法

樹木葬、納骨堂、永代供養墓など、新しい埋葬方法のお墓への改葬も考えられます。

お墓の移転のお祝い

お墓の移転で「お祝い」を送る場合の内容について紹介します。

建碑祝い

新しいお墓での開眼法要は「建碑式」ともいいます。その際「建碑祝い」という表書きでお祝いを包むのが一般的です。

回忌法要などと重なる場合

お墓の改葬と回忌法要、法事などが重なる場合は、「御仏前」という表書きにします。

開眼法要、建碑式での服装は?

開眼法要や建碑式は喪服ではなく、フォーマルな服装であれば問題ありません。

お墓選びの手順

さまざまな要素が集約されてお墓の値段は決まってくるので、値段だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要がります。

見積もりを必ずとる

どのような墓石を建立したいのかが決まった段階で、必ず見積りをとるようにしましょう。

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になる霊園の情報を手に入れましょう。お墓の種類だけでなく、民間霊園、寺院墓地、公営霊園など運営母体などもチェックできます。

霊園の見学予約

気になる霊園が決まったら、現地で見学しましょう。資料だけでは確認できないポイントや、交通アクセス等も確認しましょう。

墓 移動についての まとめ

改葬は通常の埋葬よりも多くの手続きが必要となります。トラブルを防止し満足のいく改葬を行うためにも、改葬の流れを事前に把握しておくことが重要です。
見積もりや相談からお伺いしておりますので、改葬をご検討されている方や手続きの多さから断念したことがあるという方は、また、位牌や戒名、仏具、。供花、仏壇、葬式、分骨、散骨などの仏事ごとについてのご相談も、是非お気軽にお問い合わせください。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

民営霊園とは - 費用相場とメリット・デメリット
民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。
墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!
お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉...
5/5 (2)