墓石価格の比較ポイントとは?墓石の構造から価格の注意点を解説!

墓石価格とは、墓石を購入される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことがわかりにくいという問題があります。できれば充分比較をして、なるべく良いものを安く手に入れたいものです。墓石価格は石碑の種類や加工やデザイン、大きさや彫刻内容など様々な要因で決まりますが、ここでは、比較検討できるポイントを紹介していきますので、安価で、後悔しないお墓選びができるよう指針としてください。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

墓石価格の相場とは

墓石を建立するための一般的な相場を紹介します。

お墓の値段を安くするには?お墓の相場とその内訳
お墓の値段とは、お墓の購入を検討される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことがわかりにくいという問題があります。お墓の値段は石の種類や加工、また立地などで決まります。そのため、実際にお墓を購入する際は、墓石選びやデザインなどが重要になってきます。そこで、墓石の種類や相場、樹木葬など新しいタイプのお墓を選択するなどお墓の費用を抑える方法について紹介します。

お墓の価格の大まかな内訳

お墓を建立する際、墓石代のほかにかかってくるのが、永代使用料(土地代)です。この永代使用料と墓石との価格が合算されたものがお墓の価格となります。

墓石価格の平均的な相場とは

お墓を購入する場合、墓石価格に加え、永代使用料や施工費などを含めると、約100万円から220万円程度が平均的な費用とされています。使用する石の種類や大きさなどによって墓石費用は異なってきますが、墓石本体の価格は約70~80万円から200万円くらいだといわれています。地域によっても相場価格は違ってきますので、建てようとお考えの地域の石材店に相談してみることをおすすめします。

お墓価格が決まる理由

お墓価格を左右するための要素を紹介します。

墓石の原石の種類や産地

墓石は石材の種類によって大きく価格が違ってきます。

お墓は何代にもわたって子孫に受け継がれていくものです。したがって、硬度が高く吸水性は低いほど石材として価値があります。耐久性が強く、磨くと光沢が出る形状素材として知られているのは、花崗岩、安山岩、閃緑岩、班れい岩などです。

よく御影石という名前を耳にしますが、御影石というのは日本だけで使われている名称で、花崗岩の総称です。地下深くでゆっくりと冷やされてできる「深成岩」に含まれます。六甲山嶺の神戸市御影付近が産地として有名だったのでそのように呼ばれるようになりました。御影石は経年劣化に強いため、墓石として最も人気があり、国内産地としては茨城県(稲田御影、真壁小目御影)、福島県(浮金石)、山梨県(甲州御影)、愛知県(三州御影)、愛媛県(大島石)、香川県(庵治石)、山口県(徳山御影)、佐賀県(天山御影)などが有名です。

安山岩として有名なのは、高級であるといわれている神奈川県(本小松石)です。国産の石材は海外産のものと比較した時、高価となる傾向があります。

現在では多くを外国から輸入をしています。その中でも中国からの石材輸入が多くを占めています。中国で墓石などの製品化が本格化したのは1990年代で、福建省で日本の業者との合弁工場が作られたのがきっかけとなります。

そのほか、黒系の花崗岩「クンナム」や、グリーン系グレーの御影石「アーバングレー」、赤系の「インペリアルレッド」が採掘されるインドや、黒御影石「ファイングレイン」を産出するスウェーデン、黒御影石「インパラブルー」を産出する南アフリカも石材の産地として有名です。

墓石の産地、石材の種類 - 国産と外国産の違い
墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。

石材の使用量や広さ

お墓の大きさによって使用する石材の量が違ってきます。洋型か和型か、外柵の有無なども比較の重要なポイントです。石材の量が変わってくると、当然、墓石価格にも反映されます。

墓石への彫刻など

デザイン性の高い墓石や、家名や家紋などの彫刻を竿石などに施した場合や磨き直しなども、墓石価格にも影響をおよぼします。昨今では、文字だけでなくイラストを彫刻する方も多く見られます。彫刻方法もさまざまですので、より精度の高く複雑な彫刻方法になりますと、比較的費用が高くなります。

外柵工事、耐震免震工事など

外柵工事や、耐震免振工事の内容によっても、墓石価格に影響を与えます。耐震施行により、地震や災害からの倒壊を防げることは、結果的に将来的な費用を抑えら効果があります。

現場の状況

駐車場から墓所区画までの距離、クレーン車が通れる車幅の有無などにより、墓所まで石材を運ぶ工程が変わってきます。樹木などで墓所までのスペースが整備されていない場合は、運搬する方法を別途手配しなければならないため、墓石価格は加算されることになります。

お墓や墓石の費用相場は?お墓の購入・購入後に必要な、費用の内訳もご紹介!
お墓の購入を考えていても、何にどれだけの費用がかかるかわからない、そもそも相場がわからないなどの理由で、なかなか行動に移せない方が多いのではないでしょうか? お墓の購入は、一生に一度の大きな買い物になります。だからこそ、お墓のタイプや...

お墓の構造と各付属部分の名称

お墓の構造に決まりはありませんが、一般的な構造における各付属部分の名称を紹介しておきます。

石塔

お墓の、家名が刻まれている墓石全体を「石塔」と呼びます。石塔は前述したように「棹台」「上台」「中台」「下台」の4つの石材から構成されています。

棹石

棹石(さおいし)は、お墓の一番上の部分で一般的には家名が彫刻されている石材です。昨今では彫刻する文字も自由なものが多いです。お墓と聴くと、この部分をイメージする方が大半でしょう。

上台

上台(じょうだい)は、和型墓石で竿石や蓮華台の下にある石材のことです。台石とも呼ばれ、この部分に家紋などを彫刻することもあります。

中台

中台(ちゅうだい・なかだい)とは、竿石と呼ばれるお墓の一番上の部分(家名などが彫刻される部分)の下あたりに位置している石材のことです。骨壺を納めるスペース(カロート)の上にあることが多い部材です。洋型墓石やデザイン墓石の場合、この中台があることによって、竿石正面に彫刻されている文字が花立や水鉢などに隠れて見えなくなることを避ける役割もあります。

下台・芝台

下台・芝台はどちらもお墓の一番下の土台となる石材を指し、この石は棹石・上台・中台の下に位置します。

納骨室(カロート)

芝台の地下に遺骨を納骨するスペースを作ったものや、地上に納骨をするスペースを作ったものがあります(陸・丘カロート)。納骨室は通常石材やコンクリートで作られています。納骨(カロート)壺の形状は地域によって異なります。

墓誌

墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石碑のことであり、宗旨や宗派、その地域の習わしなどで「墓標」「霊標」「戒名板」「法名碑」とさまざまな呼び方があります。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人の名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。お墓を建てる際に、墓地のスペースによっては墓誌を建立することが難しい場合もあります。

外柵

外柵(がいさく)とは、お墓の周りを囲う柵のことで隣の墓地との境界線としての役割があります。ある程度の大きさであれば外柵が必要ですが、シンプルで小型のものですと外柵は必要ありません。外柵設置工事の有無により価格も変わってきますので、外柵はリーズナブルにするなど石材店に相談するといいでしょう。

水鉢

水鉢とは、先祖に水を供えるための鉢のことで、墓石の手前に作られることが多いです。

香炉

お盆や彼岸などのお墓参りの時や法要などの際に、線香を立ててお供えする「立ち置き型」と、線香を寝かせてお供えする「くりぬき型」があります。

卒塔婆立て

卒塔婆を立てておくためのものです。卒塔婆とは、先祖を供養するためにお墓を建てる木の長い板です。石製や金属製のものなでさまざまな種類がありますが、機能に変わりはありません。宗派によっては使用しない場合もあります。

花立

墓石下に左右一対で備え付けられている、お墓参りなど供養する時に仏花を立てるものが花立てです。

蓮華台

蓮華とは蓮の花のことで、通常は竿石の根本に設置される場合が多いです。

墓前灯篭

灯篭とは、その中にろうそくを立てて火を付けることで明るくなる、日本の伝統的な照明機器です。故人の浄土への道標という意味もあります。

スリン

竿石(一番上の石)のすぐ下、ざぶとんのように敷かれた飾り部分のことで、蓮の葉や猫の足のような渦巻き型の彫刻飾りなどがあります。

お墓の構成(経机、墓誌、石塔など)
お墓は、お墓の中心となる石塔と、遺骨を納めるカロート(納骨室)、墓地区画を囲む外柵の3つを基本として構成されています。その他、付属品として、花立て、水鉢、香炉、拝石、塔婆立て、灯篭、墓誌などお墓には様々な墓飾品が設置されます。墓地のスペースや予算に応じて必要なものを設置しましょう。

資料請求をして比較検討

お墓のカタログなどの資料請求を行い比較検討するのが大事です。

インターネットで資料請求を行う

インターネットを閲覧し、墓石カタログの資料請求を行っているサイトに、メールないしは電話にて資料請求を行います。

「いいお墓」などポータルサイト

「いいお墓」などのお墓探しのポータルサイトに、自らの要望を伝え、希望に叶った墓石カタログを送付してもらう方法があります。特定の石材店にかたよることなく、幅広い情報を有しているので、希望に叶う何種類かのカタログを送ってもらい比較検討できるのがメリットです。希望をすれば、霊園の資料も送ってもらうこともできます。

「石材店」のホームページ

各石材店においてもホームページなどから資料請求ができるところが多いです。複数の石材店からカタログを取り寄せ、比較検討できるようにしましょう。

石材店に訪問する

建立する場所などを想定している場合は、その墓所に近い石材店を選び、直接出向いて、カタログをもらうということもできます。事前に電話などでカタログの有無を確認してもよいでしょう。丁寧に対応してくれると思いますが、その石材店に依頼をするかどうかを決めていない場合は、比較検討する旨を明確に伝えましょう。

墓石の価格を判断する際の注意点

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要があります。

指定石材店制

墓石の価格を比較するうえで、墓地や霊園選びも重要となります。墓地や霊園によっては石材店が指定されている場合があり、自分で安い墓石を探すことができないので、お墓の値段が高くなる可能性があります。一般的に民営の霊園の場合は石材店が指定されていることがほとんどです。寺院墓地の場合はどちらの可能性もあるため、お寺に確認しましょう。一方で、公営の霊園には石材店が指定されていません。自分で安い墓石を探す場合は、信頼できる石材店を比較し、見積もりを受け取りましょう。

年間管理費など

お墓を建ててしまえば費用はもうかからないと思ったらそれは間違いです。公営霊園や民営霊園は霊園の維持管理のために年間管理費を設定しているところがほとんどです。また、寺院墓地はお布施が必要な局面が出てきますので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

改葬・墓じまいなど

改葬などお墓(遺骨)の引っ越しを行う場合、もとある墓所の墓じまいを行い、引っ越し移転先の墓所も確保しなければなりません。ゆくゆくのことになりますが、改葬する場合のも費用がかかることを頭に入れておきたいものです。

リフォームや建て替えなど

リフォームや建て替えを行う場合も価格がかかってきます。リフォームの内容にもよりますが、墓石の手入れをする場合には費用が発生してきます。

お墓選びの流れ

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要がります。

見積りを必ずとる

どのような墓石を建立したいのかが決まった段階で、必ず見積もりをとるようにしましょう。※お墓・墓石・石碑の寸法は「寸」(すん)又は「尺」(しゃく)で表示します。

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になるセット価格墓石の情報を手に入れ、比較対象しましょう。

霊園の見学予約

気になる霊園が決まったら、現地で見学しましょう。資料だけでは確認できないポイントや、交通アクセス等も確認しましょう。家族が来やすい立地を選ぶことがポイントです。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!
お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉...
5/5 (1)