散骨って違法じゃないの?【Q&A】

Q.テレビで散骨業者が海に骨を撒いている様子を見ました。自分もあんな感じで海に撒いてもらえるといいなぁ、と思いましたが、それと同時にこれって違法じゃないのと思いました。古い記憶で、火葬した後の遺骨は、墓地や納骨施設以外のところに埋めたりすると犯罪になると聞いたことがあります。

回答

散骨やその他自然葬においてよく問題とされた法律は以下の二つでした。

『刑法』第一九〇条 遺骨遺棄等
「死体、遺骨、遺髪又は棺内ニ蔵置シタル物ヲ損壊、遺棄又ハ領得シタル者ハ三年以下の懲役ニ処ス」

『墓地、埋葬に関する法律』第四条 墓地以外の埋葬、火葬場外の火葬の禁止
「埋葬又は焼骨の埋蔵以外の区域にこれを行ってはいけない。」

平成三年、東京の市民団体「葬送の自由をすすめる会」が行った、神奈川県沖で散骨について、マスコミ取材による法務省は「刑法190条の遺骨遺棄罪の規定は、社会風俗としての宗教的感情を保護するのが目的であり、葬送のための祭祀のひとつとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪にはあたらない」との見解を示しました。
また、厚生省(当時)も「墓埋法はもともと土葬を対象としていて、遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず対象外で、自然葬を禁じた規定ではない」と表明しています。

以降、散骨は「刑法の遺骨遺棄罪や墓地埋葬法に反するものではなく、死者を弔う祭祀として国民感情に配慮しつつ相当の節度をもっておこなうならば違法ではない」という法解釈が定着してきました。

法務省の見解における「節度をもって」の解釈について実務や判例の蓄積はありませんが、一般的には次の諸点に注意すべきと考えられています。

1.そのままの形で散布しないこと
2.お骨とは分からない程度に粉末化(一般的には2mm程度以下)すること
3.他人の所有する土地には散布しないこと、あるいは了解をとること
4.環境問題に配慮すること
5.葬送の目的を明確にすること

規定がないため、散骨業者等が独自のルールで実施しているのが現状です。
従って個人(遺族)が独自に散骨を行う場合でも、特別な手続き(役所への届出や許可・申請等)は一切必要ありません。

但し、北海道長沼町を皮切りに、同じく北海道の七飯町や長野県諏訪市といった地方公共団体では独自の条例で散骨を規制する動きも始まっています。

5/5 (6)