お墓コラム

お墓に関する「よくある質問」

お墓参りの心得やお墓の手入れについて教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

永代供養墓にはどのような種類があるのでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

地方にある墓ごと(石ごと)移動してきていいですか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

敷きなおした玉砂利が頼んだものと違っていた。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

都立霊園の申込み方法について教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お盆の由来やしきたりについて教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

使用許可面積どおりの墓を建てなくてはだめですか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

自前で墓碑等を建立すること(石材店を使わない)は、いいのか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

都立霊園の区画を他人に譲渡することはできますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の量は、才(さい)で決まるといわれました。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

一般墓域にどんな宗教の墓を建ててもいいのですか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

当たった者同士で場所を交換することはできますか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

使用料などをカード払いできますか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

申し込みは法事の施主のみなのでしょうか(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お彼岸の意味や、過ごし方について教えてください【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

返還された区画には前のお骨がないの?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

申込資格について(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

公募は常にあるのでしょうか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

募集区画の現状の違いについて(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

最終審査は代理や郵送でもいいですか?(公営霊園について)【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

複数の親戚で祭祀を主宰した場合(公営霊園について)【Q&A】

ニュース

実家のお墓は長男が継ぐ?次男や娘は?- 家族墓、夫婦墓、ケース別お墓選び

従来日本のお墓に対する考え方は、家族や血縁者がひとつのお墓に入り、それを代々受け継いでいくのが一般的でした。しかし現代では結婚の高齢化や離婚率の上昇、核家族化など、家族の在り方の変化に伴い、お墓を受け継いでいくことが難しくなってきています。言い換えれば従来の形にとらわれず、それぞれの家庭やひとりひとりのライフスタイルに合わせたお墓選びが可能となりました。
ニュース

お墓はいつからある?お墓の歴史と移り変わり

日本には故人やご先祖様を祀るためにお墓を建てる習慣があります。私たちはお盆や命日にお墓参りをして、故人の冥福を祈ったり、ご先祖様に感謝を表したりします。生活の一部となっているお墓ですが、いつから建てられるようになったのでしょうか。 お墓を建てる理由とその歴史、時代によって移り変わるお墓の形態などについて紹介しています。
ニュース

沖縄のお墓事情 – 特徴的な形と大きさの理由

沖縄のお墓は、日本国内における一般的なお墓の形式とは違い、形が特徴的で、独特の文化や風習を併せ持っています。初めて観光などで沖縄を訪れた人は、見慣れないお墓の形式や大きさに驚く人も多いのではないでしょうか。このページでは、普段、あまり知る機会のない沖縄のお墓の文化や特徴、歴史、お墓にまつわる課題などについてわかりやすく説明します。
ニュース

増加する「無縁墓」- 撤去費用などで社会問題化/回避する方法は?

無縁墓とは、管理・承継する人がいなくなったお墓を意味します。たとえ縁故者がいたとしても管理費の滞納や支払いの拒否などによって無縁墓となるケースもあります。家族や供養のあり方の変化から無縁墓の数は年々増加し、撤去費用などが大きな社会問題となっています。近年では、将来無縁墓になってしまう事態を避けるため、または子孫の負担を軽減するために、お墓の整理を行う家族も増えてきました。いわゆる「墓じまい」や永代供養墓への改葬など、先祖供養の方法も多様化してきています。ここでは無縁墓の扱いに加えて、無縁化を避けるための選択肢と費用などについて解説していきます。
ニュース

無縁仏になると葬式や供養、お骨はどうなるの?

近年、無縁仏の扱いがしばしばニュースなどで問題となっています。無縁仏とは、引き取り手のいないご遺体、あるいは管理・供養する人のいないお墓のことで、家族関係や地域社会の希薄化などによって増加してきています。そのため、将来のことを考慮して永代供養墓や納骨堂の利用を検討している人も少なくありません。また、無縁仏となったご遺体の葬式は自治体が行いますが、遺骨や墓地の管理は基本的に自治体や寺院が引き受けます。ここでは、無縁仏となった方の火葬や埋葬はどのように行われるのか、あるいは無縁墓となったお墓の管理費用など、具体的な取り扱われ方について紹介します。
ニュース

お墓の展示会を上手に活用!理想のお墓を手に入れよう

お墓(墓石)の展示会は、石材店などが定期的に開催しています。数多くの出展社の中から興味をもったブースへ足を運び、普段話す機会の少ない専門家に、デザインや種類について無料で相談することができます。墓石についての悩みを解決できたり、実際に墓石を見て家族で話し合ったりする機会にもなるでしょう。具体的に場所や予算が決まっていれば、それに合わせた紹介をしてもらえることもあります。格安のお墓から高品質な石材を扱っている石屋などまで種類が豊富で、自分たちの希望に合わせた墓石を、納得したうえで購入することができるでしょう。この記事では、これから墓石を購入しようと考えている方に向けて、展示会でのお墓の選び方について紹介します。
ニュース

【墓友】お墓は現代の縮図、墓友は血縁に代わる新しいつながり

「お墓の引越し」「墓じまい」などと並んで最近のお墓事情を語る上で重要な言葉に「墓友」があります。 情報番組だけでなく、ドラマの題材で扱われたこともあります。また女優、川島なお美さんのお葬式でも話題になりましたので、耳にしたことがあるという...
お墓のご案内

人気のお墓めぐり&説明会バスツアーレポート

普段、ちょっと敷居の高い「お墓の購入」ですが、「いいお墓」では、より気軽にお墓さがしをしていただくため「人気のお墓めぐり&説明会バスツアー」と題したお墓の見学会を実施いたしました。 途中法要施設でのランチを挟みつつ、3箇所の霊...
お墓にまつわるトラブル

相続税は不要!?お墓の相続と継承に関する費用

故人が亡くなった後で色々と手続きが面倒な相続。 「お墓」についてはどのように手続きをするべきかを知っていますか? 「税金が高かったらどうしよう」と不安に思う人もいるかもしれませんが「お墓」は受け継ぐにあたって税金がかからない特別...
ニュース

お墓のレンタル/将来に柔軟に対応できる注目の「レンタル墓」

核家族化や供養のあり方の多様化などが進んだ現代、お墓の購入に二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。そのような場合の選択肢として、「レンタル墓」が注目されています。一定期間お墓の貸し出しを行うサービスで、墓石のみの貸し出しと墓地も含めた貸し出しの2種類があります。原則として契約時に期間を決めますが、事情によっては途中で契約解除したり、更新したりすることもできるため、さまざまな状況に柔軟に対応できます。購入するよりも安い料金で利用できほか、契約期間満了時にも撤去費用がかからないなど、将来の心配が少ないのも嬉しいところです。ここではメリットやデメリットなど、近年増えてきているお墓のレンタルの気になる内容を紹介します。
ニュース

四十九日の準備 – 日程と当日の流れ/参列者、服装、位牌など

葬儀が終わるとほっとする間もなく、すぐに四十九日法要の準備をしなくてはなりません。四十九日法要は葬儀同様に重要な仏事ですので、事前にしっかり準備して臨む必要があります。 四十九日の数え方は亡くなった日を一日目とし、四十九日目より前に法要の日程を設定するため、実はあまり準備期間がありません。また、四十九日法要にはどのような準備が必要なのか、知らないという方も多いのではないでしょうか。位牌や仏壇の用意、僧侶に渡すお布施、招く人への案内状、香典返し、お供えに対する引き出物など用意するものも多いため、早めの準備が肝要です。 ここでは、四十九日を迎えるに当たり、施主が慌てないように、法事当日の流れに沿って知っておきたい事柄をご説明いたします。
ニュース

海外の墓石 – 外国産墓石材の種類と特徴

外国産の墓石用石材は、中国やインドだけでなく、ヨーロッパやアメリカ、韓国など世界中から輸入されていますが、近年は世界各国の原石が中国に輸出され、中国で製品化されてから日本に輸入される傾向が強くなっています。 ここでは、海外の墓石について、それぞれ主な輸入先とその国の墓石材の特徴を紹介します。
ニュース

インドの墓石 – インド産墓石材の種類と特徴

インドの石材は硬く色艶がよいのが特徴ですが、安定性に欠けるため、量的にはインドからの輸入は減少傾向にあります。インド産石材は中国産石材と異なり、使用される石種がある程度限定されているのが特徴です。
ニュース

中国の墓石 – 中国産墓石材の種類と特徴

石材が本格的に輸入され始めたのは約40年前。約20年前には中国・福建省で初めて日本の業者との合弁工場が設立し、墓石の加工が始められました。 その後、現在に至るまで、中国産墓石は原石においても製品においても、国内産とは大きな価格差を有し、品質面でも急速に改善されつつあるため、現在では墓石や外柵などの製品は圧倒的に中国産が多くなっています。
ニュース

日本の墓石 – 国産墓石材の種類と特徴

山地と島部で構成されている日本列島は、石材が産出されない地域はなく、北海道から沖縄まで様々な石材が産出されます。国産の岩石は十数種、200種類以上の銘柄がありますが、近年では価格の安い中国産などの外国産石材に市場を奪われ、100銘柄以下になり、ほとんどの銘柄の採石量が減少しています。一方国産の銘柄でもブランドイメージの確立している石材は、高級墓石材として安定した需要を誇っているものもあります。
ニュース

【おしゃれなお墓】“キューブ型”墓石がグッドデザイン賞受賞

株式会社石長(本社:神奈川県鎌倉市、杉山洋一代表取締役)が手掛けた墓石「水庭(すいてい)」が、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しました。これまで墓石がこの賞を受賞した例は非常に少なく、11 年振り、2例目の快挙になります。 今回...
お墓に関する「よくある質問」

実家のお墓に入りたいのですが、嫁ぎ先は分骨にすべきか迷っています。【Q&A】

Q. 姉妹二人とも結婚しています。いずれ実家で親夫婦が新たに墓を持つ予定です。費用の負担はどうするのですか。 また、親戚も遠方で家族四人仲良くやってきましたので、姉妹とも実家のその墓にすべて入るか、あるいは嫁ぎ先との分骨のいずれかを考えています。
お墓に関する「よくある質問」

独身の叔母が代々のお墓に入ることに問題はないのでしょうか。【Q&A】

Q. 一生を一人で過ごした叔母が現在特別養護老人ホームに入っています。面倒を見る人が無く父が10年以上も面倒を見てきました。 最近、叔母が死んだらという話を父がします。叔母の入る墓が無いので、父が「うちの墓ができたら、うちの墓に入れてやる」と叔母本人にも親戚にも言っているのですが、代々の墓には繋がりの無い人が入ると……という話も聞いたことがあります。 まだ土地も無いのですが、もし父がお墓の土地を買った場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
お墓に関する「よくある質問」

外国の国籍で日本のお墓に入ることはできるのでしょうか?【Q&A】

Q. 外国人と結婚して相手方の国籍を持っています。 今は伴侶と死別して日本で暮らしていますが、将来、日本の両親のお墓に入ることができるのでしょうか。
ニュース

お墓の引っ越し、墓じまいにも!遠くのお墓に「手持ち」で遺骨を運んでくれる新サービス!

永代供養墓や納骨堂、樹木葬など、承継者のいない方のために、ご家族に代わってお寺などが永代にわたって故人を供養してくれる、そんなサービスが付加されたお墓が増えています。 お墓の引っ越しや墓じまいにをきっかけに、こうした永代供養サービス付...
おすすめ霊園レポート

【行ってきました】ペットと一緒に眠れる都心の樹木葬墓地

樹木葬がいい! ペットと一緒に入れればなおいい! しかもそれが都心にあれば言うことない! お墓について、そんな夢を叶えてくれる樹木葬墓地が東京・大田区の久が原庭苑です。 最寄りの駅は東急池上線の久が原駅。そこから商店街を歩いて抜...
お墓に関する「よくある質問」

ペットと一緒に入れるお墓って本当にあるの?

同じ月日をともに重ねてきたペットたちは家族の一員です。 彼らは私たちより生涯をまっとうするスピードが早いため、先に彼らを天国に見送る場合が多いでしょう。 そんな大切な家族の一員が一生を終えたとき一緒に眠りたいと思いませんか? ...
ニュース

【オトナの社会科見学】イケメン職人が造る!こだわりの“純国産のお墓”ができるまで

今、日本の多くのお墓は海外から輸入された石を使っています。また、日本の石を使っていても加工は海外で行うというケースも少なくありません。 そんな中、国産の石を国内で加工する、「純国産」にこだわってお墓を造っているところがあります。 ...
ニュース

石屋魂を見せろ!あの地震から始まった奮闘【庄子石材店の挑戦】

本記事は、鎌倉新書が発行する供養業界のビジネス情報誌「月刊『仏事』2015年2月号」の記事を再編集したものです。 宮城県仙台市若林区に活動拠点があった、「庄子石材店」。 明治37年に創業。それ以来、地域密着型の老舗石材店...
ニュース

8月だけじゃなかった!さまざまなお盆の日

お盆というと一般的に8月の中旬の期間に行うというイメージを持っている人も少なくありません。 しかし、地域によってはお盆は8月ではなく7月に行う所もあり、それにはちゃんとした理由があります。 お盆の中には一般的なお盆の他に新盆(お...
ニュース

【発見】中島みゆきのあの名曲で知る、春彼岸には「ぼたもち」

お彼岸に食べたい「ぼたもち」と「おはぎ」。 「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは諸説ありますが、お彼岸を過ぎると、すぐに忘れてしまいがち。再びお彼岸の時期が巡ってくると「あれ、春と秋で、ぼたもちとおはぎ、どっちを食べればいいんだっけ?」と...
ニュース

【今さら聞けない】お彼岸とは?お供えのお花の選び方【大人の常識】

日本では毎年、春分の日と秋分の日、そしてその前後3日ずつを加えたお彼岸の1週間は、先祖を供養する習慣があります。 これは、「仏の世界であり、ご先祖様がいらっしゃる彼岸と、生きた人の暮らす此岸が最も通じやすくなるのが、太陽が真東から昇り...
ニュース

お彼岸のお墓参りは「ふるさと納税」で。豊後高田市が寄付のお礼に“お墓参りの代行サービス”を開始

今年もお彼岸の季節がやってきました。 お墓参りに行きたいけど、遠くて行けなくて気になっている方の中でも、特に、豊後高田市にお墓のある方に朗報です。 豊後高田市では2016年3月1日から、「ふるさと納税」へ寄付した人への返礼品とし...
ニュース

地域の雇用を生み出せ~お寺が果たす役割~

近年、地域社会では問題が山積みで、すっかり疲弊している傾向にあるようです。 子供が少なくなり超高齢化社会が現実のものになりつつあります。自治体の歳出は、年金、医療、介護と際限がありません。さらに、若者が都会へ向かう率はますます高まり、...