8月だけじゃなかった!さまざまなお盆の日

お盆というと一般的に8月の中旬の期間に行うというイメージを持っている人も少なくありません。

しかし、地域によってはお盆は8月ではなく7月に行う所もあり、それにはちゃんとした理由があります。

お盆の中には一般的なお盆の他に新盆(お盆)と言われる物もありますが、これは通常のお盆とは少し意味合いが違います。

今回は地域によって時期が違う理由、通常のお盆と新盆の違い、お盆の時期にお墓参りをする理由などを詳しくご紹介します。

 

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

お盆や新盆について

お盆とは、古くはインドで常用されているインド語のウランバナという言葉を漢字に書き換えたことが起源とされています。

お盆という儀式の起源はお釈迦様の弟子として使えていた目連という僧侶が亡くなった自分の母が死後に苦しむ姿に耐えられず、救うための方法としてさまざまな人間に善行を行い、母を極楽浄土に導いたことが起源として伝えられています。

日本ではお盆の時期にご先祖様が帰ってくるとされていて、故人の霊をお迎えするためのお供えや儀式を行うのが慣例です。

新盆とは亡くなられた人が四十九日が過ぎてから始めて訪れるお盆のことを指します。

新盆は故人にとって始めて迎えるお盆ということで、故人と親しかった人などがお焼香に訪れることもあるため、僧侶による読経など通常のお盆よりもしっかりとお迎えをしてあげるのが一般的です。

 

お盆

 

地域別それぞれのお盆の時期

日本のお盆の期間は地域によって異なります。

東京など首都圏の多くの地域では毎年7月の13日から16日までの4日間がお盆の期間とされることが多く、その他の地域(特に西日本)では8月の13日から16日がお盆とされています。

地域によって日にちの前後に違いはありますが、15日は必ずお盆期間に含まれます。

ではなぜ首都圏と他の地域で1カ月の違いがあるかというと、住まいの問題が理由の一つとして考えられます。

お盆というのはご先祖様をお迎えするという儀式であることから親類や縁者が集まるのが慣わしで、ほとんどの人がお盆にあわせて帰省をします。

そのため東京と地方で同じ時期にお盆を行ってしまうと帰省ができなくなるからといわれています(※諸説あります)。
 

お墓参りをする理由

一般的にお盆の時期にお墓参りに行くのが慣例になっていますが、中にはお盆の時期はご先祖様がこちらの世界に戻ってきているのに、なぜお墓参りをするのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。

しかし、お墓参りに行くにはちゃんとした理由があります。

お墓参りに行くという行為そのものに意味があります。

それぞれの宗派によって考え方は異なりますが、古来より人間は亡くなった後に輪廻をすると考えられていて、その輪廻から解き放ち極楽浄土に旅立たせてあげる方法の一つとしてお墓参りをするといわれています。

お墓参りとは亡くなられた人へのあいさつであり、敬う気持ちとして行うものなので、そこに故人がいるかどうかではなく、お墓参りに行くということが大切になのです。

その他にも夏場の暑い時期にお墓回りの雑草などを取り除いて、お水で涼をとってもらうという理由もあります。


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

 

4.67/5 (3)