コロナウイルス感染拡大でお墓探しはどうなる?確認したい3つのポイント

政府より緊急事態宣言が全国に向けて発出されました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、不要不急の外出自粛が要請されています。その要請を受け自宅で待機されている方が多いと思いますが、お墓探しを検討している皆さまにとっては悩ましいことになっているでしょう。

霊園や石材店が自粛要請の対象になっているのかどうかも判然としない中、どのようにお墓探しを進めていったらよいのでしょう?

「いいお墓」が、この現状の中、お墓探しをする際に確認しておきたいポイントを3つお伝えします。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

霊園は今、見学できるの?

お墓探しをしている方が一番気になるポイントは「アクセス」です。お墓がお住まいの近くにあれば、老齢になり足腰が弱くなったとしても、気軽にお墓参りに行けるというメリットがあります。

今、お住まいのお近くであれば、外出時に避けるべき3密、「密閉」「密集」「密接」を避けることができ、見学に行くこともできるのではないかとお考えの方もいらっしゃると思います。

そこで確認しておきたいことがあります。

霊園の管理者側の判断で、閉園している霊園が出てきているのです。特に密閉空間でもある、屋内の「自動搬送式納骨堂」や「納骨堂」などは、開園自粛を宣言しているところが多くなってきています。

霊園の見学をしたいとお考えの方は、訪問したい霊園開園の有無を、事前に確認されることをおすすめします。「いいお墓」でも情報を集約しているので、お気軽にご相談ください。
お墓に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

お墓の納期、納骨・法要の時期は、予定通りで大丈夫?

一般墓を購入した場合は、墓石を建てることになります。石種、デザイン、刻印する文字などを決めた後、お墓を造るための加工の作業に入るわけですが、この加工作業は現在、中国に委託しているケースが9割くらいであるともいわれています。

その中国の石材加工工場が新型コロナウイルスの影響により一時閉鎖されていたことや、都市封鎖の関係で春節以降職場に戻れない職人さんなどが多発したことから、墓石の加工作業に遅れが生じていました。

そろそろ納品は通常のペースに戻りつつあるようですが、「既に申し込んだ墓石は予定通りに納品されるのか」「これから購入する場合は、申し込み後、どれくらいの期間で建立できるか」などについて、石材店に確認すると良いでしょう。

建立時期によって、納骨、ひいては法要の時期も変わってくることになります。
お墓に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

こんな時だからこそ、資料をじっくり比較検討

お墓を購入する予定であるが、緊急を要してはいない。そんな方には、気になる霊園の資料を取り寄せ、じっくりと比較検討することをおすすめします。

「場所」:自宅からのアクセス

「お墓の形態」:一般墓や承継を必要としない新しい埋葬形態のお墓など、どのお墓が自分の思いにぴったり合うのか

「価格帯」:墓所の内容と価格とを照らし合わせ、予算内に納まるのかどうか

など、チェックすべきポイントはさまざまです。

気になる4~5霊園の資料を取り寄せ、ご家族の意見を聞いてみる。そして、皆が満足できるお墓を選んでいく。身近な人ときちんとしたコミュニケーションをとれる好機ととらえ、後悔しないお墓さがしを実践してみてはいかがでしょう。

「いいお墓」にお問合せをいただければ、資料請求のご手配、また、お客さまがお考えの条件の中でより良い霊園を紹介させていただきます。お気軽にご連絡ください。
お墓に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

5/5 (8)